09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

奈落の空き缶

ここはACDCと言う野郎がPBBS(現在はwindows備え付けの最低限ツール「ペイントツール他」)で描いた絵やら何やらをだらだら載せているブログです。*荒らし無断転載等ご容赦下さい。*各版権企業と関係は一切御座いません。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

【第二話】 


この話はフィクションであり実在の人物・団体・事件とは一切関係ありません。
長いので引き続き【続きを読む】に分割しております。

趣味の一環なので気軽に読んでねオナシャス♪

世界感・登場人物は⇒
【第2話初仕事】
悪魔との初めての戦闘に辛くも勝利したAは暫く呆然としていた」

>A:なんか悪い事したかな…

「倒したスライムの残骸を前に肩を落とすA 、それを見て不思議そうにパンが語り掛ける」

>パン:どーして?落ち込んでるの?

>A:いやぁ…何となくさ…可哀相かなーって。

>パン:襲ってきたのはコイツだよ気を落とす事ないって

「パンはスライムの残骸を棒で突いている」

>A:そうなんだけどさぁ…

>パン:変なの…でも悪い気はしないね人間のそーいう所。

>A:はぁ…こんなのが続くのか…この仕事

>パン:いつまでも凹むなA 、帰ったらスポーツ飲料くれるんだろ?

>A:…そーだったな、行くか!

>パン:おうとも!

「やる気を取り直したAとパンは更に奥へと進んでいった」

>悪魔:はぁ~あ…

「一方その頃、同じビルの地下でタメ息をつく悪魔が居た」

>悪魔:このビルを占拠して早3日…姐さんからの連絡は一切ないし俺の他に悪魔と言えば会話もマトモに成り立たないスライムばっかり…

>スライム①:ぶじゅ ぶじゅ?

>スライム②:ぶじゅ? ぶじゅりら!

>スライム③:ぶじゅぅううwwww

>悪魔:で、なーんかコイツらだけ意思疎通できてるんだか知らんが俺だけが疎外感…いくらスライムが安いからって姐さんもセコイよなぁ…。

「悪魔は時計を見て更にタメ息をつく」

>悪魔:姐さんの話じゃ依頼人は6日間ここを占拠している内に近くに診療所だか何だかを建ててココを借りる人間を追い出すそうだがあと丸3日か…あ~退屈だ。

>スライム①:ぶじゅぶじゅ(なんという説明口調)

>スライム②:ぶじゅ、じゅじぅぅじゅ(今時、ねーよな)

>悪魔:…何故か今だけコイツらの言葉が解った気がしたが気のせいか…ん?

「どうやらこの悪魔の耳に近づいてくるA達の足音が聞こえたようだ」

>悪魔:…来たな退屈しのぎ…

「Aとパンは何だかんだで占拠する悪魔の場所へと近づいていた」

>パン:あ~しんどい。

>A:あぁ…もう、ここまででスライムに5回は遭ったな。

>パン:それにしちゃ余裕だな!レベルアップかA?

>A:テレッテッテー♪

>パン:それはやめといた方がいいと思うぞ。

>A:…

「暫くしてゴミが散乱する部屋に着いた」

>パン:うわぁ…汚ない部屋だなぁ

>A:これは確実に何か居るね…

>悪魔:はーっはっは!

「あからさまに頭の悪そうな笑い声が響く」

>悪魔:迷ったか!哀れな人間よ!

>A:誰だ!?

>悪魔:俺か?俺様の名は悪魔コボルト!

>A:あ…悪魔が喋った!!

>パン:だーかーら。

>コボルト:ムッ!貴様も悪魔か?するとお前はサマナーか!?

「コボルトはAがサマナーと知るや突如として身構えた」

>A:はっ…ハイ!

>パン:おい!ビビんな!

>コボルト:ムフフ(ははぁコイツは新米だな…)

>パン:ホラA仕事!仕事!

>A:はっ!そうだった!!お前か?このビルを占拠している悪魔と言うのは!?

「Aはコボルトにビビりながら質問した」

>コボルト:いかにも!悪いがコッチも商売なんでね!侵入者には力ずくでお引取り願ってますぜ!オイ!!

「コボルトは部屋に待機していた複数のスライムを呼び寄せた」

>スライム①~④:ぶじゅぶじゅぶじゅじゅあ!

>コボルト:勝ったな!行けスライム!

「戦 闘 開 始」

>スライム①:ぶっじゅうー!

「スライム①はパンに向かって飛び掛った」

>A:ぬん!

「だがAに蹴り飛ばされ阻止された」

>パン:あんがと!

>A:おうよ!もうビビってねーぞ(だが声は震えている)!

>パン:よっしゃあ!

「パンも負けじとスライム②に蹴りを放った」

>スライム②:ぶっじゅぅぅう!

「効果はイマイチだが効いていない事は無くスライムも怯んでいる様子だ」

>A:おらぁ!

「Aは匕首を取り出しスライム③に斬りかかった」

>スライム③:ぶぅじゅ!

「ここまでに何度かスライムを相手にしている事もあってか匕首による攻撃もサマになってきたようだ」

>パン:この程度は問題ないね♪

>A:おう!早く済ませてしまおうぜ!

「次々に蹴散らされるスライム達を見てコボルトは業を煮やした」

>コボルト:え~いラチがあかん!お前等合体しろ!

>スライム①~④:ぶじゅる?(審議中)

>コボルト:はいはいホラよ!

「コボルトはスライムに向かって何か投げた」

>スライム①~④:ぶじゅ!ぶぶぶじゅじゅぅ~

「どうやらスライムに向かって投げたの物は何かの肉のようだ」

>A:何だ…?こりゃ…

>パン:何かきしょい…

>スライム①~④:ぶじゅ~い ガッガッガッガッ!…ゲップ! !? ぶじゅじゅじゅじゅじゅじゅじゅ!!

「スライム達は投げられた肉を喰い尽くすとその肉のあった場所を中心に融合し肥大化した」

背景は(ry

>巨スライム:…ぶじゅぅ~ぃ もっど…もっとく゛わぜろぉぉぉ!!

>コボルト:ありゃ?ちと量が多かったか? 知恵まで付けて…

「巨スライムはコボルトを睨みつけた」

>コボルト:ひぃ!!もう肉は持ってねーよ!! …そうだ!アイツら倒したら後でもっと肉をやるぞ!なんならアイツらを喰っていいぞ!

>A&パン:え゛っ?

>巨スライム:ぁがっだぁあ!!

「巨スライムはAとパンに再度狙いを定めて襲い掛かって来た」

>A:ぬぅおお!!!俺ー!?

「巨スライムの突進をAはかろうじて避けた」

>A:危ねー!

>パン:ヤバイよAコイツ、力だけなら相当だよ…

>A:とにかくやるしかない!いくぞパン!

>パン:なむさーん!

「Aは巨スライムの背後に周りパンは正面とスライムの注意を分散させようとした」

>A:オラー!駄目元で削ったらー!

>巨スライム:む゛うぅう゛

「巨スライムの注意はAに向いた」

>パン:どりゃー!

「挟み撃ちの形でパンも巨スライムに攻撃を加えた」

>A:いけるんじゃないか?この作戦?

>パン:セコイが確実だね!

「初めはスズメの涙ほどの効果だったが作戦は徐々に功を奏しAとパンは巨スライムを追い詰めていく、だが」

>巨スライム:がぁぁぁぁぁぁあ゛

>A:!?…ッ

「巨スライムは体を回転させ全身をムチのように振りAを吹き飛ばした!」

>パン:Aー! くっそー!

「パンはAが相当なダメージを受けたであろうと察するとAからの注意を逸らす為必死に攻め闘っている」

>コボルト:…はぁ忠義者だね…

>パン:はぁ…はぁ… すぅー…

「パンは電流を腕に溜め巨スライムに向け電撃を放った」

>パン;食らえー!!

「パンが放った電流は巨スライムに命中し焦げた臭いが辺りに充満したが」

>巨スライム:なに゛がしだがぁ…?

>パン:ええっ!?

「電流は巨スライムの表面を僅かに焦がしただけでダメージは殆ど無いようだ」

>巨スライム:がぁぁぁあああ

「巨スライムは消化液を溜めてパンに吐きかけた」

>パン:…ハッ!

「動揺し一瞬、油断したパンは直撃を避けたが脚にダメージを負い機動を封じられた」

>パン:ぁ熱っっ!!!

>巨スライム:し゛ぐじっだが…

「巨スライムが第2撃を放とうと消化液を再び溜め出した」

>コボルト:悪いね…同業…

「遠巻きに見ているコボルトが呟く」

>パン:くっそ…なんだよ…動けない…

「パンは諦めて目を閉じかけた」

>巨スライム:がぁぁぁ…!?

> :ふんぬっ!

「突如、どこかで聞いた声が響いた聞こえたかと思うと巨スライムが溜めていた消化液は巨スライムの横から開いた穴から漏れ出した」

>パン:あ…A…

>A:なんとか間に合った! 脚は大丈夫か?

>パン:…だ、大丈夫…A 、Aは?

>A:どうも脳震盪を起こしてたみたいだけどパンの時間稼ぎのお陰で助かったみたいだ

>巨スライム:がぁぁあ も゛れる…えぎがもれる…

「Aが不意に入れた一撃により自らの消化液で動きの止まる巨スライム」

>A:うっし!パン、もう一回さっきの電撃いけるか?

>パン:うん…でも全然、効かなかったよ…

>A:いつまでも凹むなパン 、帰ったらスポーツ飲料2リットルだろ?

>パン:………うん!

>A:よし!パンは電撃溜めて待機、俺が合図したら遠慮なくブチかませ!!

>パン:解った!

>A:うぉおおおおおおお!命殺ったらー!

「Aは上着を脱ぐと先ほど懐にしまっておいたスポーツ飲料を巨スライムに浴びせ掛け匕首を刺し伏せた!」

>巨スライム:な゛んだぁ

>A:撃てー!パン!!

>パン:Aサマナー了解!!

「パンの電撃が再び周囲に閃光を放つ!、更に」

「Aが刺した匕首が避雷針となりスポーツ飲料による伝導率の上昇がパンの電撃の威力を上昇させた」

>巨スライム:……

>A:やったか…?

>巨スライム:…パフっ……パサぁ………

「どうやら満遍なく流れた電流によって巨スライムは体型を維持できなくなり自壊しだしたようだ」

>パン:や…やった?

>A:うぉーーー!やったぞ!

>パン:うぁぁぁん!やったよー!

「パンは何故か泣き出した」

>A:おいおい泣くなよ!俺も泣くだろが。

>パン:だってー

>A:うぉぉぉん!

「Aも貰い泣きしだした」

>コボルト:な…なんなんだアイツら泣いてやがる…いや、それよりもアイツらあの合体巨スライムを倒しやがった…

>A:そういや…

>A&パン:もう一人居たな!

「目を真赤にしてコボルトを睨みつけるAとパン」

>コボルト:ひぃ!!

「つかつかとAが歩いてくる」

>コボルト:くっ!今日だけは譲ったらー!

「コボルトは地面に潜って逃げ出した」

>A:………ハッタリ成功。

「Aはその場に座り込んだ」

>パン:ギリギリだったね…

>A:ああ…そういや?パン、なんだよさっきの「Aサマナー」って…

>パン:あ…あれ?、あれは…そうBADステータスの混乱だよ!

>A:ふ~ん、そっか…それよりも脚の怪我をどうにかしないとな…

>パン:暫くすれば勝手に治ると思うけど今はココから早く出たいね。

>A:…おぶってやろうか?

「パンはそう言うAの姿を改めて見た、自分もそうだが今の戦闘でお互いボロボロだ」

>パン:無理すんな!今日はその召喚ベルトで休憩するよ。

>A:いいのか?さっきは嫌がってたじゃないか?

>パン:いいよ…それにさっきほど嫌じゃないや♪

>A:じゃあ、召喚ベルトを起動!

>ベルト機械音声:RETURN DEVIL 魔獣帰還

「パンは緑の光に包まれてベルトの中へと吸い込まれた」

>A:じゃ、報酬貰って帰るかパン!

>パン(ベルト内):おう!あ、スポーツ飲料2リットル忘れるなよー

>A:へいへい…あ、もうこの匕首は使えないな…。

不定期に続く⇒
スポンサーサイト
2010/04/28 Wed. 04:41 | trackback: 0 | comment: 2edit

この記事に対するコメント

久方振りにお邪魔させていただきましたが、既にストーリーの幕が切って落とされていたとは…
ていうかもう2話目!出遅れた感バリバリですw

>サマナーA
パンも可愛らしいさ半端ないですが、Aさんも中々可愛いキャラクターですねw
イカツイ雰囲気醸し出してる反面やや気の弱いところや仲間想いな優しさを持っていたり…見た目とのギャップが堪らんですw

>巨スライム
そういやスライムの集合体のボスキャラって何気にいなかったような気がします(自分が知らないだけかもですがw)
ゲーム内に見立てると、ほぼ全ての攻撃に耐性を持ってるけど雷ダメージが蓄積させることによって撃破可能…っていう感じですかね。
ハッカーズのスナッピー戦を彷彿とさせる面白い展開です(・w・)
序盤から中々難易度の高いボスキャラですがw


しかしこういった創作ものを読ませてもらうと、もの凄く創作意欲を掻き立てられますねw
自分も何となく描いたサマナーさんを色々と展開させてみたいものです。

不定期更新とのことですが、第三話に期待しております!
個人的に白蛇さんという人物が凄く気になってますので、この先彼女の登場を楽しみにしてますw

くず猫 #0HMKsla6 | URL | 2010/04/28 07:31 * edit *

くず猫さん おはようございますwww

新生活スタートでお忙しい中ようこそいらっしゃいました♪ ささお茶を!旦
もう2回も話を書いてますが恥も外聞も捨てて人生楽しむ事にしましたw

>Aさんも中々可愛いキャラクターですねw
これは嬉しいお言葉w

設定上、いきなり悪魔と戦う仕事についた人間が即順応してバリバリ戦うというのもアレなのですが一応は悪魔やら超常的な体験には不慣れなイメージにしたいので暫くは弱腰で甘ったれた事を言っいるキャラで行きますw

>スライムの集合体のボスキャラ
私も女神転生系でスライムが合体してボス化というのは聞いた事が無いのですがコレぶっちゃけキングスライムですw

最初はコボルトと戦って適当に負かせて終わらす予定だったのですが今回コボルトさんは現場監督的な立ち位置なので手ごまのスライム達が居なくなった瞬間にお帰り頂きました。

>ほぼ全ての攻撃に耐性を持ってるけど雷ダメージが蓄積させることによって撃破可能…っていう感じですかね。
耐性まで考察して頂いて有難う御座いますwww
耐性に関しては正直それほど深くは考えていないのですが強いて耐性を言えば「物理に強い やや電撃・火炎に強い」のみです(汗;)
なので物理じゃ余りダメージを与えられないのですが例の匕首+スポーツ飲料+電撃で相手の耐性を消して威力を上昇させて勝ったとかいうご都合主義ですw

スナッピーの蓄積撃破もいつかやりたいですねwww

>もの凄く創作意欲を掻き立てられますねw
よっしゃあくず猫さんにタルカジャ掛けれた♪
これは私も期待してますwww

>個人的に白蛇さんという人物が凄く気になってますので、この先彼女の登場を楽しみにしてますw
覚えていて下さって感謝です!3話で出しますつか出ますw

ACDC #3aXRcdxk | URL | 2010/04/29 06:19 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://netakaki.blog122.fc2.com/tb.php/450-593cba37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。